私の日常作り置きおかずにのメリット、デメリットそして改善

私は毎週2回作り置きおかずを作るようにしています。今までは作り置きおかずなんて言葉すらしりませんでした。そんな私が作り置きおかずをしてみようと思ったきっかけは昨年体調崩し入院になったときにインスタグラムで出会いました。

お料理上手なみなさんの投稿を見ているとなんでもやってみたいから入る私は入院中にいろいろ調べて今にいたります。はじめは3日坊主になりそうで不安でしたが、昨年の9月から今までいや、まだ楽しみながら作り置きおかずしてます。

基本的に朝のお弁当用をメインに作り3日で食べきれる量を心掛けて3日目であまるおかずは私のお昼ご飯に食べるようにして食材を無駄にしないように気をつけています。作り置きおかずのメリットはズバリ私が体調崩してもあるてどのところまで晩御飯のおかずができているので(後温めるだけ、炒めるだけ、お皿に盛り付けるだけ)旦那に任せたり、長男(中学生)に、任せたりできすごく助かります。

長女(小学生低学年)毎日ゴロゴロしてると思われていて、ある日の祝日朝からスーパーに行き座る間もなく作り置きおかずにとりかかると(ママって忙しいんだね)なんて言われました。

毎日の体調が安定していない私には作り置きおかずには救世主です。朝の旦那さんのお弁当も詰めるだけ。手抜きに見えるかもしれませんが基本手作りの物をいれるを頭において毎日作っています。

家族に評判のメニューは、手作り餃子、コロッケ、ひじきの煮物、が一番喜ばれます。まだまだレパートリーも少ないしインスタグラムに乗せてるみなさんの様に上手にできていないけど私なりに頑張ってます。

ごはん作りは毎日のことでホントに悩みます。栄養なども気になりますし、もちろん私の体のことも・・・いろんな人のブログを見たりインスタグラムを参考にしながら毎日がんばります。一番はげみになるのは家族の美味しかったの一言ですね。

しかし作り置きおかずににも私なりにデメリットもあります。タッパーで冷蔵庫がいっぱいになるし、たまに作っておきながら忘れていたり・・・完璧な主婦、かんぺきなお母さんにはほど遠い・・・あと作り置きおかずにがワンパターンになったりとなかなか思うようにいきません。

こうしてみると私のデメリットは私自身に問題があり改善していかないといけないなーなんておもいました。食材を無駄にしない、節約を心掛ける、家族の栄養を考える、自分の体調を気にをつける。毎日丁寧に生活できるように心掛けていきます。